大宮盆栽美術館

もう30年以上前から知ってたんですけどね、今回が初めての訪問、大宮盆栽美術館と盆栽村。
巷では、BONSAIとしてワールドワイドに有名で、毎年世界盆栽大会も開かれるとのこと。
最近日本庭園で何かと観ることの多い庭木の一形態ですから、その美しさと技巧には感動です。
ほんの数十センチの木にも関わらず、その風格は実に見事。下から見上げると、老齢な大木そのもの。
原則撮影禁止で、撮影できるものはほんの一部なのが残念。
駐車場が2時間まで無料なのと、観覧料が300円(JAF割引で200円)なのが嬉しい。
近くには盆栽四季の家もあったりして、民間の盆栽園を見て回るのも楽しそう。次回は新緑か紅葉の時期に来てみたい。

しかしなんだね、最近絵面が茶色い。

盆栽美術館

こちらは盆栽四季の家

谷口ジロー原画展

谷口ジロー氏の原画展に行ってきました。
正直漫画はほとんど読まないので、亡くなってから谷口氏のことを知りました。なんでも描く風景が凄いのだとか。
近くでまじまじ氏の描く風景を堪能してきました。最近漫画でもアニメでも見る基準は背景が美しいこと。その絵画のような背景を心行くまで鑑賞できて、無料だなんて嬉し過ぎます。
帰りに氏の未完の作品が収められている「いざなうもの」を購入。氏の最晩年の作品とスケッチ、エッセイが収められています。決して派手さはありませんが、心にスッと入ってくるような作品、心のありようが自分ととても似ていてじわじわ来ます。巻末の直筆の言葉が心に沁みる。
帰宅してから早速「あるく人」をAmazon kindle版で購入。そうそうこんな心のありようがいいんだよね。美しい風景に言葉はいらない。
ベネチアの風景画集、良かったなあ、こちらも購入せねば。

開催は22日金曜日まで・・・今日でした

https://www.nippon.com/ja/views/b00135/

運慶展

La Festa 見学のあとは、国立博物館で開催されている運慶展へ。
それにしても素晴らしい仏像たちでした。仏像と言っても、如来、菩薩といった仏像というより、明王、天部といったもっぱら武神が大好き。
特に運慶の武神は、姿かたちが美しく、シャープでその姿に惚れ惚れします。
特に今回は興福寺の増長天が凄かった。興福寺で見たことがあるはずだが、ま近でいろんな角度から見ると、全く違った表情を見せる。それにしても顔の筋肉がモリモリで凄かった。
結構混雑はしていたが、意外と真ん前で長く見ることも容易でした。
展示内容も充実していて、もうお腹いっぱい。久々大好きな武神の仏像を心行くまで鑑賞でき、満足でした。
写真はチラシとお土産の絵葉書をスキャンしたものです。

三人展

出勤途中、「三人展」お邪魔してきました。
楽しくて濃いお話し、ありがとうございました。
おまけに、豪華なお土産までいただいて。^ – ^
今日は節分なんです、喧嘩ではありません、念のため。

川瀬巴水版画展

立川高島屋で開催されている、川瀬巴水の版画展に行ってきました。
もともとillustlatorで描いてるイラストは、版画をいつか作成するために描きはじめたもの。
巴水の描く版画、実にいいし、とても参考になります。やはり版画ならではの色のムラや質感がたまらない。
画集を買って、勉強させてもらいます。
没後60年も経っているのに、版木が残っていて、今も刷ったものが購入できるんです。5万円くらいと、結構お手頃。と言っても、今は買えませんけど。いつか購入したい。